03-3235-7671

〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2-26
KDX飯田橋ビル8階

送迎サービス
夜間透析(夜10時まで)

人工透析

飯田橋 新宿 人工透析 血液透析

お問い合わせ

当院で行っている透析方法

1.血液透析(HD)

シャントから血液を1分間に200ml以上の流量で、血液透析器(ダイアライザー)内に導きます。

ダイアライザー内には中空糸とよばれるストロー状の糸が1-2万本入っており、中空糸の中側を血液が、外側を透析液が流れることにより、透析膜を介して体内に蓄積した毒素の除去、電解質(カリウムやリンなど)異常の是正、過剰水分の除去が行われます。

2.血液透析濾過(HDF)

血液を血液濾過器(ヘモフィルター)に導き、血液から大量の濾液を抜き、同量の補充液を血管内に注入します。また血液透析と同じように透析液による血液浄化も行われます。HDFにはバッグに入った補充液を用いる、オフラインHDFと透析液を補充液に用いるオンラインHDFの2種類があります。HDFはHDでは除去しにくい毒素の除去に優れており、血圧変動が少なく、安定した透析が行えます。透析アミロイドーシス、透析困難症、頑固なかゆみ、難治性貧血、イライラ感、ムズムズ足症候群などに効果が認められています。

オンラインHDF
透析液を補充液とし、1回の治療で40~60L使用します。(前希釈)
大量の透析液が体内に入るため、徹底した透析液の清浄化(無菌、エンドトキシン測定限界以下)が必須です。オンラインHDFとしての使用が認可された、専用のコンソールが必要です。
  • 東レメディカル社製 TR-3000M

  • 日機装社製 DCG03

オフラインHDF
バッグに入った補充液を1回の治療で10L前後使用します。最近はオンラインHDFに取って代わられ、ほとんど行われなくなりました。 専用のコンソールが必要です。
PAGE TOP